*

2014年8月

一括りにメンタルといってもいろいろある

例えば運動神経がいいと言われている人でも、球技が苦手だったり泳ぐのが苦手だったりして万能な人はあまり居ないのではないでしょうか。泳ぐのが速いのに走るのは遅かったりと神様は意地悪なものです。勉強は理系と文系と大雑把に分かれていますが、文系であっても英語が得意な人国語が得意な人がいるわけです。数学でも得意分野不得意分野があるわけです。メンタルだって同じですよね。ひとくくりにメンタルと言われてもカタカナ4文字では到底言い表せないものを持つ人もいれば、軽く塞ぎこんでいる人だっています。50点以上が合格のテストに対して50点の人と100点の人を同じように合格と言っていいのかどうか。50点の人が70点まで頑張れる人だったらいいのですが。


財産を放棄

任意整理というものはよく債務の整理とも呼ばれておりおのおの貸し手に返金を行うことを選択した債務の整理の選択肢のことをいいます。

 

その手続きでは司法書士事務所もしくは債務処理経験のある弁護士債権を持つものと債務者の間に入って利息を定める法律に照らしながら利息の再考慮をもとに新たに計算した借入金の元金の利息を減額することで3年ほどの期日で返済を目指す債務の整理の手順です。

 

任意での整理は簡易裁判所のような国家機関が管理しないのでこれとは異なる手続きと比較しても、選択した場合のデメリットが一番少なく手順そのものが依頼者になにも頭の痛い問題になりませんので最初に比較考慮したほうがよい対策といえます。

 

または、お金の貸し手がヤミ金に類する高い借入利息の場合には、利息に関する法律で決まっている利息以上に払い込んだ借入金利においては借入金の元金に充てると判断され元金自体を少なくすることだって可能です。

 

だから、サラ金業者みたいなとても高い借入利息を取る業者へある程度の期間返済し続けている例では金額をカットすることができるようなこともありますし、15,6年とか返済してきた場合だと元金自体が償却されることもないとは言えません。

http://yukkurnonbiri.blog.shinobi.jp/

債務の整理の良いところについてですが、破産手続きと違い一部分の借金のみをまとめていくことになるので他の保証人がいる借入金以外について手続きをする時や住宅ローンの分を別として処理していく場合等においてでも検討することも可能になりますし、財産を放棄する必要がありませんので自動車やマンションなどの自分名義の財産を持っていて、手放したくない場合などでも活用可能な債務整理の方法となっています。

 

いっぽうで、手順を踏んでから返済する額と実際として可能な手取り額を比較し、返済の目処が立てられるようであればこの方法で処理を進めることに問題ありませんが、破産申告とは違い返済義務自体がなくなるということではないため、借金の額が多い場合には現実には任意整理の手続きを実行するのは容易ではないといえるでしょう。

 


損失を減らそう!

FX投資ビギナーが相場の要所を見つけるには、まず最初にトレードを積み重ねていく事が大事です。

 

とりわけ、あらかじめリスクを回避できるようにするには間違いをすることも大切です。

もちろん、間違いをするといっても、再起できないほど重大な負けをする事は話になりません。

 

小さいケアレスミスを何回も経験することが結果として己の場数を増やす事が出来ます。

 

れを考えると、まず最初は少ない額で取引を行い、そこで幾度か取り返しが付く損をすることが大切です。

 

ひとつの例として、100万円しか投資資金がない場面ではじめから100万円を全額賭けて取引すると、間違えた時永遠に立ち上がれなくなってしまう危険性があります。

 

そうであるならば、仮に10万円ずつ取引して、ここで売り買いを重ねた方が着実にミスをカバーする方策なども身についていくはずである。

 

最初にわずかな額で売り買いする事の良いところは、既出の通り、自身の体験を増やし間違いを回避する技術を身につけることにあるが、合わせて、トレードの回数を積み重ねて、危険性を少なくできるというメリットもある。

 

仮に、1回あたりの売り買いで勝てる確率が5割だとしよう。

 

この場合、同じく50%の確率でマイナスになるリスクもあるということになります。

 

勝率50%ということは半分半分の確率で勝利できる事を示しています。

 

だが、全ての資金を投じて1回のみの勝負をするということは、勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

これは賭けと同じです。

 

要するに、全ての投資資金をつぎ込んで1回だけしかトレードしないと、それだけでは負ける危険性が高まります。

 

それだけに、投資するお金を1回に全部使うのではなくいくつかに分けて、投資経験を積み重ねる事がリスク分散となります。

 

また何度かに分けたとしても、全てのエントリーでプラスにする事は不可欠ではありません。

 

正しく言うと、全部は勝てないのが実情です。

 

投資で肝心なのは勝ち負けの回数ではなく、どれほど利益を上げるかです。

http://maruta.be/mzta

勝半5割でも、例えば5割以下でもプラスにする事は出来ます。

 

負ける確率が高くてもその損益が小さければ、3割の勝利の利益の大きさで十分に儲けられる。

 

そのために不可欠な事は、損失を少なく、利益を大きくを忘れない事です。

 

損したら直ちに損切り注文して勝った場面では上手に利益を出す事が、FX取引初めての方が外国為替証拠金取引でプラスになるための神髄です。

 


ポジションを諦める

実際にノートパソコンのディスプレイの前に座って、つねに動いている為替レートをご覧になっていると、すぐにエントリーをしたいという思いが生じる場面も少なくないだろう。

 

しかしながら、あやふやな考えで取引するのだけは断じてしてはいけません。

 

ご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず、常時いずれかの国の為替相場は関いているし相場もどういう時でも、変動しています。

 

しかしながら、売買を重ねていると、その回数分だけマイナスになる可能性が高くなります。

 

無論、エントリーの回数を重ねることによって、少しずつ勝ち負けの確率が50%、50%になります。

 

しかしその事は「明確でないインスピレーションでトレード」することとは別問題です。

 

売買回数を積み重ねるという意味は自ら「ここで勝負」と思える勝機を得られたうえでのトレード回数を積むという事です。

 

ただ、トレードを重ねるのとは大きく違います。

 

為替相場の勝負に臨むには己で考えてメリハリをつけることが重要です。

 

「ここは!」と考えたマーケットの時には、保持ポジションを買い増して意識して利益を狙います。

 

「明らかに分かりにくい外国為替相場でどう推移するのか予想できないな」と感じたならば執着しないで所有ポジションをひとつ残さず見切りをつけて何もしません。

 

これくらいのメリハリがあったほうか結果的にトレードは儲けられます。

 

市場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通り。

 

取引とは常に売買ポジションを所有する事が大事ではなくどのポジションも保有せずじっと見ていることも場合によってはFXです。

 

それでは、どういう時に休めばいいのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、前に述べたように、これからの相場展開が難しいときです。

 

ここからどうなるのか決断できない時は、間違って判断すると、自身の思ったシナリオとは反対の方向にマーケットが推移してしまい、損してしまいます。

 

こんな時はポジションを諦め、そのまま何もしないで静観を決め込むのが最良の方法です。

次に、あなた自身の体の状態がよくない時です。

 

体の状態とマーケットに影響ないと思う方もいるでしょうが案外影響します。

http://endai2013.meblog.biz/

コンディションがよくなければ市場の失敗できない状況で必要な決断を下すことが出来ない場合が多くなります。

 

やる気がわかない時は相場から目をそらす事も大事なことだ。